本財団法人の創立者は財政的事情のため、高等教育を受けることを断念し、事業を興し、専門書出版社としてその基盤をつくっていきました。そのため苦学している有為な人材に対し、その生活を少しでも援助したいと考え、第二次大戦以前より、自宅を開放して学生寮とし、家賃・光熱費などを無料にて提供してきました。
昭和37年、東京都の認可のもと、財団法人向上会として設立され、学生寮を運営し、その後、諸般の事情により、学生寮を閉鎖し、奨学金を支給することとし、今日に至っています。
本財団は学生の学部には全く制限をつけず、広く学生達の援助を行ってきています。もちろん卒業生に対し、特別な関係を維持することは一切ありません。
今後も日本を担うこととなる有為な学生への援助を続けてまいります。
 
 
 
   昭和37年(1962年)3月5日
 平成23年(2011年)12月1日 「公益財団法人」の認定を受ける

 
 
 
   東京都  
 
 
   東京都文京区本郷5丁目30番15号  
 
 
   及川 清(株式会社養賢堂代表取締役社長)
 
 
 
 
  一般有為の子弟のうち、品行方正、身体強健でありながら、経済的理由により修学が困難な者に対し、奨学援護を行う等、教育の振興に寄与することにより国家社会に貢献する。
 
 
 
   
 
 
   公益財団法人向上会 定款.pdf